ビザって何?

ビザというと、知っているようでよく知らないという方、実は多いのではないでしょうか?

パスポートとごっちゃのイメージになっている方もいますし、日本に在留する外国人の方の場合、在留資格を指してビザと言うことも多いです。

 

もちろん、法律上ではパスポートビザ在留資格はすべて別物です。

ただし法律職や法務職の人間は、クライアント様に合わせて便宜上、在留資格のことをビザと言うことはあります。

 

まずパスポートは、旅券と呼ばれ海外へ渡航する際の身分証となるもので、出国する者が自国で発行してもらうものです。日本では外務省が発行します。

 

次にビザとは、査証と呼ばれ入国する側の国から取得するものです。よく海外渡航の際にパスポートの空白に押されているあのスタンプやシールのことです。

ビザの取得方法は、国によって違いがありますが、原則として渡航先の国の大使館領事館で取得できます。ただし日本からの単なる旅行の場合、多くの国でビザの取得は不要とされています。

 

そして最後に在留資格とは、外国に滞在するための資格のことをいいます。

例えば日本に滞在する外国人の方のであれば、コンピューター等の技術職として日本国内の企業で働く場合、「技術・人文知識・国際業務」という在留資格が与えられますし、日本人と結婚して日本に住む場合は「日本人の配偶者」という資格が付与され、在留カードに記載されます。外国人が合法的に日本に住む場合は、必ず何らかの在留資格を得なければなりません。

 

つまり簡単にまとめると、国外に出国する際に必要なのがパスポート(旅券)、外国に入国するための必要となるのがビザ(査証)、外国に住むために必要なものが在留資格というイメージになります。

Follow me!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP