持続化給付金

 新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している事業者を対象とした給付金です。

 対象となる事業者は、資本金10億円以上の大企業除く中堅中小企業小規模事業者、会社法人以外でも医療法人農業法人NPO法人社会福祉法人、更にフリーランスを含む個人事業者と幅広く設定されています。

 給付額は、法人は上限200万円、個人事業者は上限100万円以内で、前年からの売上の減少分を超えない額とされます。

 計算方法は、2020年1月から2020年12月のうち、2019年の同月比で売上が50%以上減少した月を事業者本人に選択してもらい、下記の計算式を用います。

減少分=(前年の総売上(事業収入))-(前年同月比▲50%月の売上×12か月)

例えば、前年の総売り上げが350万円で、今年の3月の売り上げが14万円だとすると、350万円-14万円×12=182万円 で、182万円が減少分となります。

よって想定される給付額は法人の場合、182万円ですが個人事業主の場合、上限の100万円ということになります。

 申請方法は、原則として電子申請を予定しているようです。

 まとめると、以下の通りです。


≪対象者≫

2020年1月から現在までのうち、月売り上げが50%減少した月のある中堅中小企業小規模事業者医療法人農業法人NPO法人社会福祉法人個人事業者(フリーランス含む)

≪給付額≫

法人は減少額200万円、個人事業者は減少額100万円のうち多い方

 

※あくまで2020年4月21日現在、経済産業省より発表された情報から想定される内容をまとめたものになります。今後、変更等、新しい情報が発表され次第、随時公表させていただきます。

遺言と法定相続

遺言の相談をお受けしていると、「子供が3人いるなら、法律的に財産を1/3ずつ分けないといけないんでしょう?」というような内容をお聞きすることがあります。

確かに民法では、一定の親族に対する「法定相続分」というものが定められています。 Read More

大変な国際結婚

国際結婚に憧れているという方、結構多いですよね。

ひと昔前は、日本で働く外国人と結婚場合、配偶者となるのは大企業など比較的大きな組織で働く外国人の方が多かったかもしれませんが、現在は実に様々な事情の外国人の方が日本に滞在しています。大きな組織で働く外国人の方との結婚などは、元々の身元がはっきりしている場合が多いため手続きも比較的すんなりいく場合が多いのですが、現在は多種多様な国際結婚のケースが増えているため、その手続きも難しく専門的な知識を要する場合が多くなっています。

 

そもそも私たち日本人は、憲法で婚姻の自由が保障されているにも関わらず、なぜ外国人と結婚して日本で暮らすことが大変なのでしょうか? Read More

遺産分割協議書とは

遺言や相続の相談を受けていると、遺産分割協議と争いや裁判、または遺言などがごちゃごちゃの認識になっているケースがあります。

遺産分割協議とは、平たく言うと相続人の話し合いにより相続分を決めることですので、相続人の争いとは真逆のものです。争いになって話し合いもままならないのであれば、調停や裁判で決着をつけるしかありませんので当然、遺産分割協議は行われません。 Read More

相続人以外の者に死後の財産を譲りたい場合

故人の財産を含めたあらゆる権利義務は、死後原則として相続人に承継されます。

もし民法の定めた相続と違う内容を遺したいという場合、遺言でその内容を示すことにより被相続人の希望する相続をすることができます。これを遺贈と呼びます。

遺贈はであれば、お世話になった友人知人、相続権のない子の配偶者や、孫や甥・姪などに財産を譲ることもできるのです。

Read More

ビザって何?

ビザというと、知っているようでよく知らないという方、実は多いのではないでしょうか?

パスポートとごっちゃのイメージになっている方もいますし、日本に在留する外国人の方の場合、在留資格を指してビザと言うことも多いです。

 

もちろん、法律上ではパスポートビザ在留資格はすべて別物です。 Read More

任意後見制度とは?

成年後見制度が、裁判所の審判により法定代理人である成年後見人を選任する制度であるのに対し、任意後見制度は、任意後見契約を結ぶことで自ら選任した任意代理人を任意後見人とする制度です。

任意後見契約は、私法上の契約によるものとはいえ、契約は公正証書によりなされるため高い実効性が担保されます。また任意後見人の不正等がないよう、その事務を監督する任意後見監督人任意後見開始時に裁判所より選任されます。

 

任意後見契約は、状況により、①移行型、②即効型、③将来型の3つから選ぶことができます。

Read More

配偶者居住権

配偶者居住権とは、2018年に改正された民法(相続法)の中でも特に注目度の高いポイントの一つです。

実際に施行されるは、2020年4月であるため、2019年5月現在の相続ではまだ対象となりません。

 

配偶者居住権とはどのようなものか?

これまでの相続法においては、相続により不動産の所有権を得ることはあっても、配偶者の居住権という概念が特に設定されていなかったため、被相続人の死後、遺産分割により生存配偶者が住む家を失ったり、生活費となる現金が十分に相続できないという問題が生じることがありました。 Read More

皇室典範特例法(退位特例法)とは?

今回は、趣旨を変えて令和元日に合わせたミーハーな記事を書かせていただきます。。。

 

 

皇室の皇位継承や身分に関しては皇室典範という法律により定められています。

そして特例法とは、広く一般的に用いられる普通の法律と違い、その名の通り何かしら特別なケースに向けて特例として設ける法律を言います。

Read More

胎児の相続権

私たち自然人は、生きて生まれた時点から権利能力を有するとされています。

よって、まだ母親のおなかの中に存在する胎児は原則として権利能力を有さないことになります。

 

ただ原則があれば必ず例外があるという話で、例外的に胎児は、相続権損害賠償請求権においては「既に生まれたものとみなす」とされています。 Read More

PAGE TOP